高齢者専用賃貸住宅の選び方について

 高齢者向けの住宅をお探しですか?『高齢者専用賃貸住宅の選び方』ではは、高齢者向け住宅の種類、各高齢者住宅の説明、高齢者にやさしいバリアフリー住宅や改修の知識、高齢者向け共同住宅、高齢者に対応した賃貸住宅、高齢者用ケア付き賃貸住宅、介護と高齢者住宅など、高齢者の「住」に関する情報を紹介しています。高齢者の方に安心・安全・快適に過ごせる住宅探しをサポートします。

高齢者専用賃貸住宅の選び方 新着情報

高齢化社会において、昨今ではさまざまな問題が出て来ています。そして、その中でも高齢化社会の急速な進展に対応するために高齢者向けの住宅の供給を促進したり、高齢者に対して住宅情報を提供したり、貸主が高齢者の入居を拒まないようにするために、その制度を整備する法案として「高齢者の居住の安定確保に関する法律」(略称「高齢者居住安定法」)が平成13年4月6日に公布されました。そして平成13年10月1日には、全面的に施行となりました。

またこの制度は、貸主が住宅を登録して高齢者ということを理由に入居を拒否しないように、入居希望者が賃貸住宅を閲覧できるといった色々な情報の提供を行うものなのです。最近では専ら高齢者を賃借人とする、賃貸住宅について情報の登録内容を追加し、詳しい情報提供の提供を行う仕組みや、高齢者がみんなで共同利用できるような設備とサービスの提供ができるようになり、この「高齢者専用賃貸住宅登録制度」は平成17年12月1日から開始されています。

そして高齢者向けの賃貸住宅やバリアフリー構造などの、高齢者用の設備を有する居住環境を整えている賃貸住宅事業者の場合は、この法律に対して供給計画案を作成して、基準ラインに適合し都道府県知事(政令指定都市・中核市の長)の認定が受けられるようになります。また、この認定を受けた賃貸住宅事業者は、計画した計画案により供給された住宅(高齢者向け優良賃貸住宅)には、国と公共団体による補助があり、その整備に要したあらゆる費用や高齢者向け住宅の家賃の減額に要する費用の支援を行っているのです。

有料老人ホームは、民間で運営しているため独自のサービスを提供しているところがほとんどです。最近の有料老人ホームの中には、マイカーを許可しているところもあります。またペットの種類や条件によっては有料老人ホームでも今まで一緒に飼っていたペットと同居を許可しているところもあります。

老人ホームで動物を飼うということは、安全性や衛生面などを考えれば難しいことかもしれませんが、ミシガン州にあるインガム・カウンティ・メディカルケアセンターで二百四床の郡立老人ホームの施設には犬二匹と猫三匹、小鳥四十五羽を飼っているそうです。ペットを飼うにあたって様々な問題もあるかもしれません。

しかし、ペットがいるだけでも生活がちがってきます。有料老人ホームがもっと自宅にいるような雰囲気になりますしうつ状態の改善やストレスの低減、またコミュニケーションの増加などの効果があるといえます。なお、最近ではアニマルセラピーと同じような効果があるとして、アニマルロボットを導入している施設や病院もあります。今後はさらに多くの有料老人ホームがアニマルロボットを導入するかもしれません。

老人ホームの運営理念や経営理念は、それぞれのホームによって異なります。そして入居者に対する経営者からの思いが込められているため、老人ホーム全体の雰囲気やスタッフの姿勢などが現れてくるのではないでしょうか。また、運営理念や経営理念がきちんとスタッフに徹底されているかは、体験入居や見学会などで確かめてみることをおすすめします。

逆に運営理念や経営理念がなかったり、理念だけはあってもきちんとその理念がスタッフに浸透していないような老人ホームの場合は、どんなに施設や設備がすばらしいものであっても老人ホームでの生活をしていればいつかは不満をもってしまう可能性が高いかもしれません。そのため、老人ホームを選ぶときには運営理念や経営理念も見落としてはいけないポイントだといえるでしょう。

有料老人ホームの雰囲気は、その有料老人ホームの良し悪しを判断するときに一番分かりやすいことではないでしょうか。入居されている方が笑顔で他の入居者やスタッフとのコミュニケーションが取られているようであれば、自然と明るくて暖かい雰囲気になっています。そして、活きいきとした笑顔が垣間見えるはずでしょう。